Event

男女共同参画企画

1.セラミックスカフェ


日時:9月2日(木)12時~13時

会場:Zoom(URLは後日お知らせいたします)


セミナー内容:育児を取り巻くセラミックス関連企業の職場環境およびコロナ禍での働き方について

講演者①石川 祐之助氏(AGC(株)先端基盤研究所)

講演者②伴 亜瑳美氏(日本特殊陶業(株)研究開発本部)


★セラミックス協会会員以外の方も,どなたでもご自由に参加いただけます.

秋季シンポジウムに参加登録しない方もセラミックスカフェのみの参加が可能です. 

 

申込方法:秋季シンポジウムに事前参加登録される方は,事前参加登録画面よりお申し込みいただけます.

秋季シンポジウムに登録せずセラミックスカフェのみ参加ご希望の方はdiversity@ceramic.or.jpまでご連絡お願いいたします.

皆様お誘い合わせの上,お気軽にご参加くださいますようお願い申し上げます.

2.「男女共同参画に関する川柳」募集


開催期間中,応募フォームURLをお知らせいたします.

優秀作品副賞として,金賞5,000円,銀賞3,000円,銅賞1,000円の図書カードを

お贈りさせていただく予定でございます.

ご応募いただきますようお願い申し上げます.


標準化委員会特別企画

セラミックスが関わる標準化~分析技術の重要性~


標準化の推進は,技術の蓄積・向上やそれに伴う品質の向上に資するなど,非常に多くのメリットが存在します.セラミックス協会では,主に標準物質の提供を通じて標準化に貢献してきておりますが,社会や産業においては,材料科学分野における常に新しい研究分野や技術が生まれることから,それらの共通の物差しである標準化も常に改訂・改善をされていく必要があります.そのため,標準化と分析技術とは非常に密接な関連性があり,分析技術の標準化は極めて大きな意義があります.そこで本特別企画では,材料科学分野における分析方法の標準化や分析技術の重要性に焦点を当てて講演を行っていただきます.皆様お誘い合わせの上,ぜひご参加くださいますようお願い申し上げます.


日時:2021年9月1日(水)~3日(金)第34回秋季シンポジウム会期内

会場:山梨大学甲府キャンパス(ただし,第34回秋季シンポジウムがオンライン開催になった場合は,本特別企画もオンライン開催となる予定です.


主催:日本セラミックス協会標準化委員会

協力:日本セラミックス協会行事企画委員会

協賛:日本ファインセラミックス協会(予定)


講演: 講演1 「ISO/TC61 におけるプラスチックの熱分析国際標準化20年の動向」

森川淳子氏(東京工業大学教授)

講演2 「標準化委員会 化学分析小委員会における標準化活動」(仮題)

渡辺光義氏(日本ガイシ(株)研究開発本部基盤技術研究所マネージャー)

第34回秋季シンポジウム標準化特別企画_4.pdf

産学連携検討委員会企画

産学連携・技術マッチングセッション


調整中

科学・技術委員会企画

SDGsセッション -知をつなぐ-


主催:電子材料部会、エンジニアリングセラミックス部会、科学・技術委員会  協力:行事企画委員会

  日時: 2021年9月1日(水)9:00~12:00(案)

  場所:未定

  講演者:未定(総論3名、解説及び事例紹介3名 程度)


  概要:

SDGsへの取り組みが様々な産業界・学術界で進められています。本セッションはその取り組みの一環として、日本セラミックス協会 令和未来宣言「人をつなぐ、社会をつなぐ、知をつなぐ、環境・資源をつなぐ」を基として、各部会・委員会が連携して開催するものです。今回は、「知をつなぐ」をテーマに、電子材料部会、エンジニアリングセラミックス部会が担当し、「元素の有効活用に向けた取り組み」及び「セラミックスの未来をささえる革新的アプローチ」に関して解説・討議を行います。これからのセラミックスの開発・応用の方向を探る機会としたく思います。

国際セッション

国際セッション Richard M. Fulrath Award Recipient Lecture

主催:日本セラミックス協会国際交流委員会、米国セラミックス学会日本チャプター

Organized by International Exchange Committee of The Ceramic Society of Japan and The Japan Chapter of The American Ceramic Society

講演者(予定):

1. 2007 Richard M. Fulrath Award Recipient Professor Satoshi Wada / University of Yamanashi

2. 2008 Richard M. Fulrath Award Recipient Professor Hiroshi Funakubo / Tokyo Institute of Technology

3. 2009 Richard M. Fulrath Award Recipient Dr. Naoki Ohashi / National Institute for Materials Science

4. 2009 Richard M. Fulrath Award Recipient( and 2018 Edward C. Henry Award Recipient) Professor Wataru Sakamoto / Chubu University